メインメニュー
サイト内検索
はじめに
全ての医薬品には「添付文書」があり、医薬品を適正に使用するための情報が集約されております。

ここでは、その添付文書の記載のうち「妊婦」「子ども」についての情報にフォーカスし、情報を提供しております。
(おまけ情報として、高齢者への注意も載せております。)

全医療用医薬品が掲載されておりますので、病院にかかった際には一度ご利用下さい。

※医療用医薬品とは
簡単に言うと「お医者さんにもらえるお薬」です。ドラッグストアで買えるものは含まれません。
ただし、同一成分を含む医療用医薬品がある可能性があるので、成分名で検索してみる価値はあります。
例)バファリン ⇒ バファリンではなく「アセトアミフェン」で検索する。
<現在の掲載数は次のとおり>  見出し語数:15820
検索
検索対象
検索の種類
検索語

上記の条件で 116 件見つかりました。

(1) 2 3 4 ... 12 »

「純生」アスピリン

読み:  解説:販売名:「純生」アスピリン欧文商標名:成分:アスピリン妊産婦への投与:出産予定日12週以内の妊婦には投与しないこと。[妊娠期間の延長、動脈管の早期閉鎖、子宮収縮の抑制、分娩時出血の増加につながるおそれがある。海外での大規模な疫学調査では、妊娠中のアスピリン服用と先天異常児出産の因果関係は否定的であるが、長期連用した場合は、母体の貧血、産前産後の出血、分娩時間の延長、難産、死産、新生児の体重減少・...

25%スルピリン注「ニッシン」

読み:  解説:販売名:25%スルピリン注「ニッシン」欧文商標名:成分:スルピリン妊産婦への投与:妊婦または妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上まわると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠末期に投与したところ、胎児循環持続症(PFC)が起きたとの報告があり、妊娠末期のラットに投与した実験で、弱い胎児の動脈管収縮が報告されている。また、動物実験(マウス)で催奇形作用が報告されている。授乳中の...

50%スルピリン注「ニッシン」

読み:  解説:販売名:50%スルピリン注「ニッシン」欧文商標名:成分:スルピリン妊産婦への投与:妊婦または妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上まわると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠末期に投与したところ、胎児循環持続症(PFC)が起きたとの報告があり、妊娠末期のラットに投与した実験で、弱い胎児の動脈管収縮が報告されている。また、動物実験(マウス)で催奇形作用が報告されている。授乳中の...

SG顆粒

読み:  解説:販売名:SG顆粒欧文商標名:成分:イソプロピルアンチピリン・アセトアミノフェン・アリルイソプロピルアセチル尿素・無水カフェイン妊産婦への投与:妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には,治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[動物試験(マウス)でイソプロピルアンチピリンの類似化合物(スルピリン)に催奇形性作用が報告されている_1)。]イソプロピルアンチピリン又はアセトアミノ...

アスピリン

読み:  解説:販売名:アスピリン欧文商標名:成分:アスピリン妊産婦への投与:出産予定日12週以内の妊婦には投与しないこと。[妊娠期間の延長、動脈管の早期閉鎖、子宮収縮の抑制、分娩時出血の増加につながるおそれがある。海外での大規模な疫学調査では、妊娠中のアスピリン服用と先天異常児出産の因果関係は否定的であるが、長期連用した場合は、母体の貧血、産前産後の出血、分娩時間の延長、難産、死産、新生児の体重減少・死亡など...

アスピリン.OY

読み:  解説:販売名:アスピリン.OY欧文商標名:成分:アスピリン妊産婦への投与:出産予定日12週以内の妊婦には投与しないこと。[妊娠期間の延長、動脈管の早期閉鎖、子宮収縮の抑制、分娩時出血の増加につながるおそれがある。海外での大規模な疫学調査では、妊娠中のアスピリン服用と先天異常児出産の因果関係は否定的であるが、長期連用した場合は、母体の貧血、産前産後の出血、分娩時間の延長、難産、死産、新生児の体重減少・死亡な...

アスピリン「エビス」

読み:  解説:販売名:アスピリン「エビス」欧文商標名:成分:アスピリン妊産婦への投与:出産予定日12週以内の妊婦には投与しないこと。[妊娠期間の延長、動脈管の早期閉鎖、子宮収縮の抑制、分娩時出血の増加につながるおそれがある。海外での大規模な疫学調査では、妊娠中のアスピリン服用と先天異常児出産の因果関係は否定的であるが、長期連用した場合は、母体の貧血、産前産後の出血、分娩時間の延長、難産、死産、新生児の体重減少...

アスピリン「ケンエー」

読み:  解説:販売名:アスピリン「ケンエー」欧文商標名:成分:アスピリン妊産婦への投与:出産予定日12週以内の妊婦には投与しないこと。[妊娠期間の延長、動脈管の早期閉鎖、子宮収縮の抑制、分娩時出血の増加につながるおそれがある。海外での大規模な疫学調査では、妊娠中のアスピリン服用と先天異常児出産の因果関係は否定的であるが、長期連用した場合は、母体の貧血、産前産後の出血、分娩時間の延長、難産、死産、新生児の体重減...

アスピリン「バイエル」

読み:  解説:販売名:アスピリン「バイエル」欧文商標名:ASPIRINBAYER成分:アスピリン妊産婦への投与:出産予定日12週以内の妊婦には投与しないこと。[妊娠期間の延長、動脈管の早期閉鎖、子宮収縮の抑制、分娩時出血の増加につながるおそれがある。海外での大規模な疫学調査では、妊娠中のアスピリン服用と先天異常児出産の因果関係は否定的であるが、長期連用した場合は、母体の貧血、産前産後の出血、分娩時間の延長、難産、死産、新...

アスピリン「ヒシヤマ」

読み:  解説:販売名:アスピリン「ヒシヤマ」欧文商標名:ASPIRIN成分:アスピリン妊産婦への投与:出産予定日12週以内の妊婦には投与しないこと。[妊娠期間の延長、動脈管の早期閉鎖、子宮収縮の抑制、分娩時出血の増加につながるおそれがある。海外での大規模な疫学調査では、妊娠中のアスピリン服用と先天異常児出産の因果関係は否定的であるが、長期連用した場合は、母体の貧血、産前産後の出血、分娩時間の延長、難産、死産、新生児の...


(1) 2 3 4 ... 12 »
Powered by Xwords  based on Wordbook
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 医薬品情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
Powered by XOOPS 2.0 潤・2009-The XOOPS Project
theme designed by OCEAN-NET